« Pattaya | トップページ | Pattaya The Sky Gallery Pattaya »

Pattaya 街並み

パタヤは大きく分けて3エリア。

ノースパタヤ(北部) セントラルパタヤ(中央部) サウスパタヤ(南部)

北のナークルア・ビーチから、南のジョムティエン・ビーチまで、

約20キロメートルにわたる海岸線にさまざまな魅力が。

Gallary_01-1

なかでも中程の、パタヤ湾に面して南北に弧を描くように続くパタヤ・ビーチが、

ザ・パタヤ!のイメージに近い、もっとも賑やかなエリア。

のんびりとしたビーチリゾートの要素もあり、

いい意味でギラギラした部分も持ち合わせる多面的な印象です。

Gallary_03-1

パタヤを走るソンテウという乗り合いバスは、

決められたルート上であれば10バーツ(約32円)で利用できます。

ソンテウのルートは、パタヤビーチロードとセカンドロードを中心に広いエリアを走り、

頻繁に来るので、手を挙げて脇に停まってもらいます。

降りたい場所付近でブザーを鳴らすと脇道に停まってくれるので、

助手席側にまわって10バーツ(一人)を渡すシステム。

乗降にあまり時間をかけたくない雰囲気でしたので、

あらかじめお金をこまめておいて(「こまめて」は博多弁だ)

両替しておいて、お釣りがないようにちゃっちゃと渡すのが良さそうです。

Gallary_06_20190711160301

タイといえばマッサージ店ですが、パタヤにも多数あります。

1時間のフットマッサージが300バーツ(1,000円)程度で受けられ、毎日マッサージ天国。

Gallary_09_20190711160301

パタヤの有名な歓楽街「ウォーキングストリート」は、

深夜まで観光客で活気溢れ熱を感じるディープな世界。

この熱気を体感してみるのもいいし、

ウォーキングストリートの中にも美味しいレストランがあるそうですので、

ストリートをウォーキングしてみるのは女性でも楽しいと思います。

Gallary_10_20190711160301

また、タイに行く度に思うのが、タイの人達の人懐っこい笑顔にほっこりするということ。

タイの伝統的な挨拶に「ワイ」というものがあります(胸の高さに手を合わせてお辞儀するスタイル)

こちらがワイの挨拶をすると、タイの人達も「お!」という具合に、にっこりしてくれます。

せっかく旅行に行くのなら、にこにこと迎えてくれる国は旅行者も嬉しい気持ちになります。

« Pattaya | トップページ | Pattaya The Sky Gallery Pattaya »

無料ブログはココログ