« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑪ コーランタ

コーランタレストラン (Koh Lanta Restaurant)

 

Img_3459

 

カオヤイから陸路空港近くに戻り、コーランタレストラン(Koh Lanta Restaurant)へ。
エキゾチックで美しい装飾のレストランだこと。

 

Img_3445

 

スワンナプーム国際空港‎まで車で5分程と近いので、
「さよならタイ」のぎりぎりまでタイの空気と食事を楽しんでやりますよ。
頻繁に離着陸する飛行機も間近に飛ぶ。

 

Img_3464

 

生バンドの演奏を聴きながらタイ料理と中華メインのメニューを頂きます。

 

Img_3460

 

巨大なオープンテラスで、最後の最後までタイの空気を満喫できるレストラン。
タイ 名残惜しい---!

 

Img_3452

 

Img_3451

 

公式サイト

 

煌びやかな首都バンコクを中心に、
今回の避暑地高原リゾート カオヤイ、
歴史や文化に触れるチェンマイ、スコータイ、イサーン、
ビーチリゾートのパタヤ、トラート、プーケット、サムイと楽しみ方はそれぞれ。

 

親日国であること、高度な医療機関も多く安心して旅行できること、
物価的にショッピング、グルメ、スパ、マッサージを贅沢に楽しめること、
まさにラグジュアリー&ローカルエクスペリエンス!

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑩ ミッドウインター

ミッドウインター (MIDWINTER)

 

P1160421

 

P1160430

 

お城に連れてきてもらったのかと思いまいした。

 

高級レストラン ミッドウインター(MIDWINTER)でした。

 

屋内は瀟洒です。

 

Img_3332

 

Img_3331

 

広い広い敷地にはステージや屋外席もあり週末にはライブなども開催されるそう。

 

Img_3329

 

P1160444

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑨ パリオカオヤイ

パリオ カオヤイ (Palio Khaoyai)

 

P1160317

 

土産物店、アンティークショップ、コーヒーショップ、レストランなどの小さな店がたくさん。

 

P1160313

 

庭園もあり広場や路地もイタリアの雰囲気が再現されているのでお散歩だけでも楽しい。

 

P1160326

 

タイならではの掘り出し物も見つかります。
週末はすごく混むらしい。

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑧ ワイナリー

PBバレー・カオヤイ・ワイナリー (PB Valley Khao Yai Winery)

 

P1160662

 

カオヤイ国立公園のそばにあるタイ初のワイナリー。

 

約400ヘクタールの広大なワイン畑や醸造蔵などもガイド付きで見学させてもらえました。

 

P1160664

 

ブドウ園のほかに、季節の花畑やドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、マンゴーなどのフルーツ果樹園もあるそう。

 

ブドウ園とカオヤイ国立公園の丘の景色を背景に食事ができるレストランでは、
ティスティングワインに合う料理も提供されています。ワインすすんじゃう。

 

P1160689

 

P1160693

 

ワインやジャムも販売されていてお土産購入。
瓶もの買いすぎてなかなかの重さになってしまった。

 

2月にはぶどう収穫祭も行われるようです。

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑦ チョコレートファクトリー

チョコレートファクトリー (Chocolate Factory)

 

P1160291

 

ベルギー、フランス、スイスから輸入された素材で、
高品質のチョコレートが作られています。
毎週チョコレートを作るワークショップも開催。
世界的な賞の受賞経験もあるフランス人のショコラティエ エリック・ペレス氏が率いるチームだそう。

 

P1160293

 

ショーケースの中には美味しそうなチョコレート。
パッケージもカラフルでお土産にも。

 

P1160295

 

P1160296

 

P1160303

 

併設のレストランでいただいたチョコレートドリンクは程よい甘さですっきりと喉潤う。

 

P1160307

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑥ ランチョー チャーンヴィー

ランチョー チャーンヴィーカントリークラブ
(RANCHO CHARNVEE RESORT & COUNTRY CLUB KHAO YAI)

 

P1160652

 

カオヤイ国立公園の玄関口に開発されたリゾート併設の新しいゴルフコースで、
クラブハウス前の池にはクルーザーも。
こちらもボブマクファーランド氏のデザイン。

 

P1160651

 

P1160554

 

P1160575

 

こちらのキャディさんも人懐っこい人が多くて、
コミュニケーションを取るのが楽しい。

 

たまたま同じ年のキャディさんで、
「全然体重落ちないんだよね~」なんて話したら、
思いっきり贅肉をつままれるという(笑)

 

P1160546

 

P1160562

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ⑤ ボナンザ

ボナンザ ゴルフ&カントリークラブ (Bonanza Golf & Country Club)

 

P1160287

 

2018年現在 カオヤイ地区には9つのゴルフ場が点在し、
ほとんどのゴルフ場が車で30分以内でアクセス可能です。
バンコクでは名物の渋滞もカオヤイでは不安無し。

 

質の高いゴルフ場ながらプレーフィーは大変リーズナブル。
視察時にはハッピーアワーの設定もあり、
平日14:30以降はグリーンフィが600バーツ(≒1,800円)とお得なプランも設定されていました。

 

P1160256

 

P1160247

 

ボブ・マクファーランド氏の設計で、自然と完璧に融合した レイアウトのチャンピオンシップコース。

 

もちろんカオヤイでも1人にひとりキャディさんがついてくれますよ。

 

どなたかは存じ上げませんけれども(笑) 立派な像も鎮座しております。

 

P1160276

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ④ キリマヤ

キリマヤ ゴルフ リゾート & スパ (Kirimaya Golf Resort & Spa)

 

Img_3443

 

カオヤイ屈指のラグジュアリーリゾート「キリマヤ・ゴルフ・リゾート&スパ」は、
カオヤイ国立公園の近くに位置し、野生の生物たちも遊びに来ます。
私も敷地内のゴルフコースでバンビちゃんに遭遇しましたよ。

 

Img_3389

 

広大な敷地にはホテル・ヴィラ・フィットネスセンター・ゴルフコース・屋外プール・スパ・マッサージ・レストラン。

 

Img_3435

 

専用バルコニー付きのツインルームから、ユニークなテント ヴィラ (Tented Villa)も。

 

Img_3438

 

スパプールでっか!しかも部屋のど真ん中(笑)
Img_3442

 

心地良い風を感じながら優雅にタイ料理が楽しめるレストランも美味しいな- 美味しいな-。

 

Img_3407

 

Img_3425

 

やっぱり飲んでおきたかったスイカジュース。
Img_3426

 

ジャックニクラウスが設計したチャンピオンシップゴルフコースは、
4,875ヤード(レディス)から7,115ヤード(トーナメント)までの幅広いラインナップ。

 

キャデイさんがバンコクほど日本人慣れしておらず英語も通じない場合もありますが、
トントン(まっすぐ) クワー(右) サーイ(左)など、
こちらが簡単なタイ語を覚えて、
積極的にコミュニケーションをとるのも愉しいと思いますよ。

 

なかなかプレーの調子があがらなかったお客さんにキャディさんからプレゼント。
バナナに絵とメッセージを書いてプレゼントしてくれたんだとか。
カオヤイのキャディさん素朴で可愛いわ-。

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ③ ボタニカ カオヤイ リゾート

今回4泊した ボタニカ カオヤイ リゾート (Botanica Khao Yai Resort)

 

P1160195

 

たいへん静かでプライベート感重視のリゾートホテル。
植物に包まれた中庭を朝散歩したりね。

 

P1160211

 

P1160203

 

100室ある客室のほとんどがベランダに浴槽があるんです (シャワールームは屋内)。
何と開放的な。
夜こそこそとベランダに出て浸かってみる。

 

P1160220

 

こちらのレストランで頂いた夕食も好みの味付け。タイビールと最高---。

 

P1160208

 

P1160213

 

P1160215

 

ボタニカカオヤイリゾートに限らず、
カオヤイ地区は日本人の期待に沿えるクオリティーの宿泊施設が年々増加中。

 

隣接のテーマパーク「SCENICAL WORLD」も2015年にオープン。
プールスライダー、子供向け遊園地、絶叫マシーンの3施設からなる巨大テーマパークだそう。

 

公式サイト

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ② アクセス

Map

 

カオヤイはバンコクから北東へ陸路で約2時間30分~3時間。

 

カオヤイまでの現在の交通手段は車がメインですので若干遠く感じる部分もありますが、
高速道路の延伸工事も進んでいて、列車線路も再整備が予定されているとのこと。
数年後には格段に時間短縮され便利になることでしょう!

 

Thumbs_b

 

実際、今回「TGTM(Thailand Golf travel mart)」への参加でカオヤイに招待頂いた訳ですが、
主催のタイ国政府観光庁・タイ国際航空がこの地に世界中のメディアやバイヤーを招待したのは、
今後アウトバウンドにも力を入れていく地域だからではないでしょうか。
今後カオヤイも要注目☆

 

P1160386

 

P1160409

 

P1160482

 

P1160519

タイ高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) ①

タイの避暑地・高原リゾート カオヤイ(Kyao Yai) に行って参りましたので、そのお話をば。

 

ガイドブックでも「カオヤイ」の紹介はなかなか見ないし、
馴染みのない地名かもしれませんが、
山沿いの高地にあるため気候が良く、
タイの避暑地 軽井沢とも言われ、
タイセレブの別荘地なのだそうですよ。

 

実際滞在中も、日中も30℃を上回らず夜は肌寒い位。
「日本の酷暑から逃れてタイでで快適な夏を過ごす!」のもアリ!

 

カオヤイにはユネスコ世界遺産のカオヤイ国立公園や、
有名なワイナリー、自然を活かした牧場、ゴルフ場と地の利を最大限に活かしています。

 

タイ国際航空の直行便で福岡から5時間30分 (バンコク→福岡 5時間)でひょい。
タイ国際航空のフレグランスに包まれた機内では、
色鮮やかなタイシルクの民族衣装でCAさんが迎えてくれて快適すぎる空の旅。
おいしい機内食をいただいて、最新版の映画など見ていると、あらもうバンコク♡

 

Thumbs_a

吹雪く

福岡も先週は寒かったですね。
そんな中、果敢にトライ。

560420

が・・・耐え切れずそそくさと撤退。
ま、そうなりますわね。

謹賀新年

幸多き新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
旧年中のご愛顧を深謝いたしますとともに、
本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2018年1月1日

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

無料ブログはココログ